読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尊氏はミタ!

とりあえず気分で色々書いてみるンゴ

黒服堕天録TAKAUJI〜尊氏〜

プロローグ《堕ちるが当然…尊氏》

 

「自分の流儀で地獄に堕ちる権利は、誰にも奪えない」(ロバート・フロスト)

 

〜2004年3月〜
「何故…何故、俺には巡ってこない…」

男は一心不乱にレバーを叩いていた

「がっ…!ぐっ…がっ!!降臨しろ!中段チェリーッ!!!」

液晶に映るケンシロウに祈りを込める…

 

「これが最後の千円…降臨しろ中段チェリー!撃て百烈拳!!昇天せよっ!ラオウッ!!!」

 

願うは乾坤一擲の大当たり…
バトルボーナス
ラオウ昇天…
一撃万枚ッ…

 

「リンゴ…赤強ザコ…赤大オーラ…

神よ…俺を祝福しろッ!」

 

…が、駄目!!
願い虚しくメダルは台に吸い込まれていく…

 

後に尊氏は述懐する…
「ギャンブルに於いて、堕ちていく人は、希望が見えるとソレ(希望)に向かって突き進んでしまうもの…
例えそれが、『か細い希望』だったとしてもな…
そして、ソレ(堕ちること)がいつしか、快感に変わってしまう
ギャンブルがドラッグに形容されるのも頷けるわな」

 

無情にも最後のメダルを吸い込まれる…

男が呟く「…チキッ」
ガンッガンッガンッガッ!

男は台を強打し始めた…俗に言う『台バン』
「インチキッ!インチキッ‼︎この店は遠隔だぁ!!」

勝負に負けた男の情けない兇行…

 

「お客様!」

店員による強制退店
無様…

「…ちくしょうッ」

この無様な男の名を尊氏(たかうじ)という

この物語は、ギャンブル狂(パチンカス、麻雀猿)の彼が、ネオンライトに惹かれ、ネオンライトの裏側の闇でスキップをしていく物語である

 

 

この物語はフィクションです!