読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尊氏はミタ!

とりあえず気分で色々書いてみるンゴ

黒服堕天録TAKAUJI〜尊氏〜

プロローグ《堕ちるが当然…尊氏》

 

「自分の流儀で地獄に堕ちる権利は、誰にも奪えない」(ロバート・フロスト)

 

〜2004年3月〜
「何故…何故、俺には巡ってこない…」

男は一心不乱にレバーを叩いていた

「がっ…!ぐっ…がっ!!降臨しろ!中段チェリーッ!!!」

液晶に映るケンシロウに祈りを込める…

 

「これが最後の千円…降臨しろ中段チェリー!撃て百烈拳!!昇天せよっ!ラオウッ!!!」

 

願うは乾坤一擲の大当たり…
バトルボーナス
ラオウ昇天…
一撃万枚ッ…

 

「リンゴ…赤強ザコ…赤大オーラ…

神よ…俺を祝福しろッ!」

 

…が、駄目!!
願い虚しくメダルは台に吸い込まれていく…

 

後に尊氏は述懐する…
「ギャンブルに於いて、堕ちていく人は、希望が見えるとソレ(希望)に向かって突き進んでしまうもの…
例えそれが、『か細い希望』だったとしてもな…
そして、ソレ(堕ちること)がいつしか、快感に変わってしまう
ギャンブルがドラッグに形容されるのも頷けるわな」

 

無情にも最後のメダルを吸い込まれる…

男が呟く「…チキッ」
ガンッガンッガンッガッ!

男は台を強打し始めた…俗に言う『台バン』
「インチキッ!インチキッ‼︎この店は遠隔だぁ!!」

勝負に負けた男の情けない兇行…

 

「お客様!」

店員による強制退店
無様…

「…ちくしょうッ」

この無様な男の名を尊氏(たかうじ)という

この物語は、ギャンブル狂(パチンカス、麻雀猿)の彼が、ネオンライトに惹かれ、ネオンライトの裏側の闇でスキップをしていく物語である

 

 

この物語はフィクションです!

今更やがベッキー騒動について

先日の金スマにて謝罪(後悔の弁?)で久々のTV出演をしたベッキーさん

今回はワイが感じた、この騒動の世間の反応について書いていこうと思うやで


1月からベッキー、川谷の不倫騒動をニュースやらネットやらで見ているが
感想として…

「辛辣な声オオスギィ!」

多少の擁護の声も聞こえるけど、そんな声はほぼ叩かれて封殺されているように見える

世の中の声として、街頭インタビューやネット上での意見みたいな報道を目にする
だいたいは
「不貞を働いた女をテレビで見たくない」
「会見でウソをつくような女なんて…」
「人の旦那を寝取ろうとする泥棒猫」
「叩かれて当然!干されて当然!」
「反省謹慎期間短すぎィィ!」

世の中の意見は厳しいんやなぁ…

あんまりTVを見ないからわからんのやが、ベッキーって好感度女王みたいな感じだったんやろ?
まぁそんな人が不倫をしてたなんて報道が出ればそりゃ叩かれて当然かもしれんな…

だがその叩きも「イキスギィ!」のように思える

1月の第一弾文春砲の頃は確かにベキカスさんだった

「ありがとう!センテンススプリング!」

これは浅い所で舐めてますわww
炎上祭りも残当ですわ

しかし、この後のベキカスさんは落ちる所まで堕ちていくンゴ…

  • レギュラー番組を休養し始める
  • 好感度急降下により次々とCM契約を打ち切られる
  • 長期休業を発表
2月頃から本人のメディア出演はほぼなくなっていった

事務所の判断だったのか、本人の精神的な問題だったのか、引退を視野にゲスと…だったのか
それは当時の本人に近い関係者にしかわからないンゴ


先週の金スマ出演は早期復帰を目指してのことだったのでしょうが、世間の声は冷たく(一部では印象が好転したとの声も)、週刊誌や新聞では早期復帰は難しいだろうという記事が多かったようやね


彼女は裁かれいるンゴ…仕方ないンゴ…


本当にそうだろうか?(キリッ)

現状の彼女は報道と金スマでの発言によると
  • 仕事をほぼ全て失う(レギュラー復帰にも暗雲)
  • CM契約の企業からの違約金(事務所とほぼ折半で2億5000万ほど)
  • 川谷との破局(?)
ファッ!?
結構、罰受けてね?
っていうか、オーバーキルじゃね?

アンチだらけの世の中で借金2億5000万、さらに見通しのいい仕事もない…

普通に考えましょ
個人の女性(32歳)がこんな状況に陥ったらどうなるか

            お先真っ暗ンゴ…

「哀しいけど、これ現実なのよね…」
本人はどうにかしなくちゃいけないと焦るだろうし、事務所も違約金分稼いでもらわなきゃならないと策を練らなきゃならない

復帰を急いで当然じゃないんですかねぇ…
例え、多少不安定な精神状態の金スマ出演であっても…

見苦しいだとか、見るのも嫌だって人も多いかもしれんが
殺人者とかじゃないんだし、1人の女性を世間的に抹殺するかのような所業はやり過ぎじゃないんですかね?(例え、人気商売とはいえ…ねぇ)

罰はもう受けている、罪滅ぼしとして一から仕事をしていく姿を見守ることはできないだろうか

リセットやリプレイができないのは当然だが、リスタートまでできない世の中って悲しい世界ンゴ…

ただ、金スマでの
「もう好きじゃないです…」
だけは腑に落ちないンゴ
そんな中途半端な気持ちならもっと早くブレーキをかけられなかったかね…

あそこで
「頭では理解してるけど…まだ好きなんです…馬鹿だとか言われたり、どんなに叩かれてもホントにこの気持ちが消えてくれないんです…」
くらい泣きじゃくられたら、また違った印象だったなぁ
そんな世界線だったらワイはファンとなり、完全擁護しとったわ…



ここからは個人的な予想で書くので、
「妄言、妄想乙!」
と思う方はそっ閉じ推奨

芸能界ってとこは一筋縄じゃいかない魑魅魍魎の棲む世界なんや

好感度女王としてでしか商品価値の無かったベッキーさん

復帰の見通しも立たない

以前にいたパトロン(パパ)は男性スキャンダルで離れていった…

残っているのは違約金を建て替えてくれた事務所への借金だけ

ベッキーさんも人間やここまで育ててくれた事務所への恩や情があって自己破産などはしにくい

事務所もなんとか損害を回収したい、が世の声を聞いていると商品価値がほぼないことに気づく

事務所「ベッキー、どうするんや?万策尽きたんやないか?ワイも鬼やない…すぐに返せなんて言わん。仕事で返してくれるならそれでええんやで」

ベッキー「仕事…どうすればいいかわからないンゴ…世の中はもう私を求めてないンゴ…」

事務所「ベッキー!そんなことはないんやで!君を求めてる人たちはまだ沢山いるんやで!(熱弁)」

ベッキー「私を…求めてる人…?」

事務所「せや!君にはまだ武器があるじゃないか!…女という武器が…」

ベッキー「あっ…(察し)」


こんな未来や、現在もベッキーの事務所にヌードやAV出演のアポは何件もきていると思う(MUTEKIとかね)

余談だが、実際に知り合いのスカウトマンはAKBグループの卒業予定者や素行の悪いメンバーへの接触、AV出演の契約を取ってこいと勅命を受けたことがあるとか…(実際に何人かAVデビューしてるしね)


話を戻そう
ベッキークラスが脱げば話題十分だろう
小向美奈子以上の衝撃が業界を走るだろう
億単位の借金だろうと数年で返せる話になるのは明白だ

アンチの声、借金の重責、責任感(あるなら)から脱ぐ選択をする可能性も充分に考えられる


〜キノコ頭の男優と絡む作品〜
〜世界の果てまでイッテピー〜
モニタリング(意味深)〜
あとは…思い浮かばねぇやw

正直、クッソ抜けると思うが、ワイはあんまり見たくないンゴ…

間違っていたとはいえ、本気で恋愛をした結末がAVデビューなんて悲し過ぎるやん?

まぁ「もう好きじゃないです…」言うてるくらいだから、お察しって感じやけどな

ただ、あそこが本心じゃなく、世論用、TV用の発言だとしたら悲し過ぎやな…

サイコパスの特徴

自己愛性人格障害者の特徴 

○自分の人格に愛想つかされて距離を置かれたら殺意に近い逆恨みをして死ぬ気で追い込む 

○「こんなに成果をあげた」「こんなに感謝された」「こんなに尊敬されてる」という 
大河ドラマ風自分語りをよくする 

○「これこれこういうシチュエーションで涙を流した」「これこれこういう事件に心を痛めて涙が止まらなかった」 
など、自分の感情の機微について人に説明したがる 

○何時間でも説教できる。利害関係にない相手に対しても隙あらば説教する癖がある

○目上がいない歓談の場などで自分が中心にいないと死ぬほど不機嫌になる 

○自分の目上、利用価値がある友人などが天才集団かのように喧伝する 
なお、同一分野で本当に才能ある人間がこちら側の友人にいると知った場合親の仇のように敵視する 

○こちら側に気の置けない仲の友人たちがいると知った場合、その友人たちへ憎しみを抱く。 
たとえ面識が一切なくても 

○友達が自分以外の人間とのほうがよっぽど仲良くしていると分かった場合、嫉妬に狂う。


どっかのスレで拾ったコピペだが、まるでどこぞのマルチ団体の連中のことのようだ…
クワバラクワバラ…


おんJ風ネタSS

カエッル「ゲロゲーロ(冬眠長かったわンゴねぇ)」
ガッキ「おっカエッルやん!」

カエッル「ゲコゲーコ(嫁さん欲しいンゴ)」
ガッキ「捕まえたろ!」ガシーッ

カエッル「ゲコッ⁉︎(ファッ⁉︎)」

ガッキ「ベジータごっこするでー」
カエッル「ゲッゲコッ!ゲーロ!(なにするンゴ!放すンゴ!)」

ガッキ「まずはこいつを…」爆竹グサー
カエッル「ゲコッ!(お尻イターイッ!!)」

カエッル「ゲロゲロ(やめて…やめてクレメンス…)」
ガッキ「で、こいつを…」ライターシュボッ

カエッル「ゲロゲロッ!ゲコッ‼︎(いたいンゴ!熱いンゴよぉ‼︎」

ガッキ「5・4・3…今や!」空にポイー
カエッル「ゲロゲーろッ!(ヒィ〜!高いところ苦手ンゴよぉ!)」

カエッル「ゲコッ⁉︎(へ⁉︎)」パァン!

ガッキ「へっ…汚ねぇ花火だぜ…」
カエッル「」

ガッキ「おっ♫おっ♫おっ♫おっ♫オッパカンナムスタイル♫」ダンシン〜♫



…こんなSSを嬉々と書いてる自分が怖いンゴ…



とりあえず自己紹介

ども、尊氏ですm(._.)m
このブログでは、実話から構成された物語を書いたり、日々の特殊な出来事を書いていきたいと思います

因みにワイのスペックは
・三十路男
・元キャバクラ店長
・フツメン
・ぎゅわんぶらー
・非リア充
・絶賛コンビニ経営中
こんな感じですかね?

野球、麻雀が好きであります
ROM専のなんJ民でございますw

ところどころで好きな漫画の名言をちょいちょい使っていきますのでよろしゅうにm(._.)m